パーゴラの施工例

パーゴラの施工例

「パーゴラ」とは住宅の軒先に設ける棚のことで、もともとはイタリア語の「葡萄棚」が語源だと言われています。
ベランダやウッドデッキの屋根として、ツル性の植物などを絡ませ楽しみます。
パーゴラは大掛かりな「日曜大工」として、手作りで楽しんで作る方も年々増えています。
ここではパーゴラの施工例を紹介します。
門扉から玄関までのアプローチの曲線と、敷石のテラス部分を分離するために、低いレンガの塀をつくり、その塀から柱を立ち上げて、アプローチ部分にパーゴラを造りました。
まずは1、低いレンガの塀を作る(塀を作る部分の芝生を剥がし、少し掘って砂利を敷き、レンガを積みモルタルで固定します。
塀の上面からパーゴラの柱を立ち上げるため、金具をモルタルに埋め込むのです。
)2、材木を加工し、塗装もしておく(あらかじめ用意した設計図をもとに、長さをカットして切り込みをいれます。
取り付けの段でらくするために、木ねじ用の下穴もあらかじめ開けておきました。
加工したら早速組み立てたいところだけれど、そこはぐっとがまんして、先に塗装もしてしまいます。
)3、材木を組立てはじめます(まず、粱受けを外壁にとりつけます。
上部隙間には、コーキングをしておきます。
)4、柱をたてて粱をとりつけます(あらかじめ柱と粱を直角にとりつけてから、柱をとりつける方法にしました。
ひととおり柱が立ったら、あとは粱を柱の両面から挟むような形で木ねじで取り付けます。
)あとは、このバーゴラにばら、ぶどうなどを絡ませると完成です。

関連ページ

パーゴラの作り方
ウッドデッキ・バーゴラは初心者の方でも作ることができます。ここでは、ウッドデッキ・バーゴラの基礎知識から材料、加工法に至るまでを紹介していきます。
パーゴラをDIYで作ろう
ウッドデッキ・バーゴラは初心者の方でも作ることができます。ここでは、ウッドデッキ・バーゴラの基礎知識から材料、加工法に至るまでを紹介していきます。
パーゴラのキット
ウッドデッキ・バーゴラは初心者の方でも作ることができます。ここでは、ウッドデッキ・バーゴラの基礎知識から材料、加工法に至るまでを紹介していきます。
ウッドデッキのパーゴラ
ウッドデッキ・バーゴラは初心者の方でも作ることができます。ここでは、ウッドデッキ・バーゴラの基礎知識から材料、加工法に至るまでを紹介していきます。
パーゴラの屋根
ウッドデッキ・バーゴラは初心者の方でも作ることができます。ここでは、ウッドデッキ・バーゴラの基礎知識から材料、加工法に至るまでを紹介していきます。